2015年01月31日

JR九州305系、筑肥線新型車両が筑前前原〜唐津間走行

JR九州305系、筑肥線新型車両が筑前前原〜唐津間走行  

 JR九州の新型車両305系の試乗会が31日、筑肥線筑前前原〜唐津間で実施された。筑肥線各駅に305系導入の告知ポスターが掲出され、運転開始日は2月5日(予定)とされている。

 筑肥線の新型車両305系の試乗会が実施された

 305系は1両あたり片側4ドア、車内はオールロングシートの通勤形直流電車。6両編成6編成(計36両)を2〜3月に順次投入し、筑肥線で活躍する従来車両103系・303系と同様、福岡市地下鉄空港線(福岡空港〜姪浜間)への直通運転も行う。

 同車両は、「人にやさしく、環境にやさしいスマートトレイン」をコンセプトに、バリアフリー・快適性・環境性能を追求したという。既成の車体形状を活用することでコスト削減を図り、高効率の駆動用モーター(永久磁石同期電動機)の採用により、103系と比べて消費電力量を約半分に削減。客室照明にはLEDを採用する。1号車の床は木のフローリングとし、唐津への観光気分を盛り上げる仕様とした。

 31日に開催された305系の試乗会では、唐津駅で出発式を行った後、参加者募集の当選者を乗せ、10時50分頃に唐津駅を発車。筑肥線筑前前原駅までの区間を1往復した。これまでの筑肥線の電車とは異なる白い車体で、電子警笛の音も特徴的。新型車両への期待は高く、沿線にも多くの鉄道ファンが集まっていた。

 (写真左から)新型車両305系と、置換え対象とされる103系1500番台(6両編成)

 新型車両305系の運転開始は2月5日からの予定。筑肥線各駅に掲出されたポスターでは、車内の冷暖房効果を高めるため、押しボタン式開閉ドア(スマートドア)の導入も告知されていた。筑肥線美咲が丘駅以西の各駅において、305系の列車停車時にドアは開かず、車内・車外のドア横に設置されたボタンを押すことでドアが開閉する。筑肥線下山門〜筑前前原間の各駅については長時間停車する場合のみ、この方式を実施するとのこと。

posted by 社会そのほか速 at 18:22| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知県名古屋市に地酒専門店を併設した日本酒のスタンディングバー誕生

愛知県名古屋市に地酒専門店を併設した日本酒のスタンディングバー誕生 

 マグネティックフィールドは2月1日、日本酒・純米酒専門BAR「八咫(やた)」3号店と地酒専門小売店「Sake Labo『gauss』(サケラボガウス)」を名古屋・伏見エリアに併設同時オープンする。

 純米酒専門「八咫」名古屋伏見店イメージ

 純米酒専門「八咫」は日本酒を気軽に楽しめるスタンディングスタイルのバー。日本酒メニューは全て、米と米麹のみで醸造した純米酒となっている。併設の地酒専門小売店「Sake Labo『gauss』」ではこだわりの地酒を取り扱う。ひとりでも多くの人に日本酒の魅力を伝えられるよう、新しい驚きと発見を追求した日本酒提供・販売の専門店となっている。

 名古屋栄1号店に続き、新宿三丁目にも2号店を構えている(写真は新宿三丁目店の様子)

 「八咫」では、様々なタイプの日本酒と銘柄を取り揃え、楽しみ方も冷〜お燗と幅広い飲用形態を提案している。季節や顧客の体調・好みを見極めながら、プロのスタッフが冷〜お燗を提案。希望の温度調整も可能で、お燗だけでなく「割り水燗」など要望や好きな飲み口に合った飲み方でも楽しめる。

 日本酒は、季節ごとに4タイプのお酒を選び、季節限定のお酒や濁り酒、発泡酒といった幅広いジャンルの日本酒を取り揃える。常時30種類以上を用意しているため、自分に合うお酒や飲み方などを見つけることができる。価格は全銘柄1杯500円(100ml)。

 幅広いジャンルの日本酒を取りそろえる

 また、業界でも珍しいきき酒コースは1時間2,000円で楽しめる。様々な日本酒を時間内であれば何銘柄でも試すことが可能(1杯30〜50mlを限度、同じ銘柄は一度まで)。

 料理は、薫り系にはドライフルーツ、濃醇系のお燗に合うチーズなど、日本酒の様々なタイプに合わせたメニューを提供。日本酒と相性のよい食材を、こだわりの調味料を用いて仕上げる。塩は海水100%のゲランド、全国から選び抜いた醤油、味醂(みりん)は純米味醂、料理酒は純米酒を使用している。価格は1品500円。

 立ち飲みスタイルのため、チャージや席代などはなし。両店の定休日は日曜。

 ※価格はすべて税込

posted by 社会そのほか速 at 09:28| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬のスキー場でカラフル雪合戦開催! 参加無料で景品も

群馬のスキー場でカラフル雪合戦開催! 参加無料で景品も 

 「たんばらスキーパーク」の「Colorful Snow Park」

 東急リゾートサービスは1月31日、群馬県沼田市の「たんばらスキーパーク」にて雪合戦イベント「Colorful Snow Park」を開催する。

 同イベントは、雪上の25m四方のエリア内でコーンスターチ製のカラーパウダーをお互いに掛け合い、カラフルに色のついた雪玉をぶつけ合う雪合戦大会。エリア内ではあわせて、雪上で旗を奪い合う「スノーフラッグセッション」も行う。参加者は総勢100人で、"スノーフラッグ"の優勝者等には景品のプレゼントもあるという。

 コーンスターチ製のカラーパウダーには、食品添加物としても登録されている水溶性の着色料を使用しており、人体や環境へも無害とのこと。同イベントの開催時間は13:00〜14:00を予定している。参加費は無料で、参加申し込みは公式サイトの応募フォームにて。

posted by 社会そのほか速 at 09:27| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ody>